右クリック禁止を解除する方法

※当ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

たまたまアクセスしたサイトの文章を読んでいて、知らない言葉や読み方のわからない漢字があった時はどうします?

僕は画面上で気になる文字列をドラッグして右クリックのメニューにあるGoogle検索で調べます。

検索エンジンにアクセスしてキーワード欄に文字列を入力して検索するより断然楽ですし、時間も短縮できますからね。

しかし、画面上のマウス操作を禁止しているサイトもあって、その場合はドラッグや右クリックができません。

もちろん、右クリックやドラッグをすることがなければ気にならないと思いますが、僕と同じような不便さを感じているようでしたら、以下で紹介する方法が役立つかもしれません。

ブックマークレットで解除

Javascriptが使われているので、禁止を解除するスクリプトで上書きしたら復活するはず。さらにブックマークレットにスクリプトを登録しておけば、クリック一発で解除できそう。でも、すでに紹介している記事があるかも。

そう思って検索したら、やはり書かれているブログがありました。しかも色々と解除できる優れもの。ブログ管理者様に感謝!

選択禁止・右クリック禁止・キーボード操作禁止を全部解除するブックマークレット | キリウ君が読まないノート

上記ページで公開されているスクリプトをブックマークバーに登録しておけば、クリックするだけで解除できます。今回紹介する方法の中では一番楽かもしれません。

Chrome用の拡張機能

Chromeの場合は以下の拡張機能を追加すると右クリックを復活させることができます。

Google Chrome™の右クリックを有効にする
Google Chrome™の右クリックを再度有効にします

ただ、残念ながらテキストのドラッグやコピーを禁止するスクリプトには効果がありません。

右クリックができないサイトの多くは、Javascriptを使って禁止しているので、ブラウザの設定でJavascriptを無効にしたら右クリックが可能になります。

しかし、ブラウザの設定で無効にすると、サイト内で使われているすべてのスクリプトが止まるので無効のままはよろしくありません。

ウェブサイトやブログでは様々なJavascriptが使われていて、ページの表示や動きにも関係しています。

当然ながらブラウザの設定が無効になっていると、それらすべてに影響します。YouTubeでは再生もサイト内移動もできなくなります。

もちろん、必要な時だけ無効にしたら影響を最小限にできますが、切り替えるたびに設定画面を開くのは面倒だと思うので、Chromeを使っている場合は、以下の拡張機能を入れておくとよいです。

Toggle JavaScript

以下も便利なのですが、動画の画面で再生バーや音量調整のスライドをクリックできなくなるので、動画サイトを利用する時は停止(無効化)しておくことをおすすめします。

Enable Copy Paste

ソース画面を開く

ドラッグができないページの中にはスタイルシート(CSS)というものを使っている場合もあって、そちらで制御しているページではソース画面を開くのが手っ取り早いと思います。

ソース画面というのは、そのページの中身です。

ページの画面上で右クリックして「ページのソースを表示」をクリックするとソース画面を開くことができますが、右クリックができない時は、キーボードで「Ctrl」と「U」を同時に押せば開きます。

また、キーボードの「F12」を押す、もしくは「Ctrl」と「Shift」と「I」の同時押しで起動する開発者ツールでもページのソースをチェックできます。

Chromeの場合は「Elements」、Firefoxの場合は「インスペクター」に切り替えるとソースが表示されます。

ソース画面にはHTMLやJavascript等が書かれているので、英数字だらけの見づらい画面になっていますが、これがページの中身です。

我々が普段見ているページの画面はブラウザが見やすい表示に変換してくれたもので、ページの本来の姿は英数字だらけのファイルです。

書かれている文字列の意味がわからないと、何が何やらって感じで、お目当ての文字列を探しにくいかもしれませんが、面倒な時はキーボードの「Ctrl」と「F」を同時に押し、出てくる検索窓で探すと楽です。

右クリックNGのサンプル

右クリックやコピペを禁止しているページに遭遇する機会は多くないと思うので、とりあえず、サンプルのページを作ってみました。

マウス操作禁止のサンプル
※別画面で開きます

Javascriptとスタイルシートを併用しているので、先ほど紹介した方法で解除できるか実際に試してみてください。

さいごに

サイト管理者が右クリックを禁止する一番の理由はコピペ防止だと思います。

時間をかけて作ったページの文章や画像を他のサイトやSNSで勝手に使われるのは嫌ですからね。

僕も過去に無断で転載された経験があるので、サイト運営者がマウス操作を制御したくなる気持ちはわかります。

とはいえ、閲覧者に不便を感じさせない配慮を優先すべきだと思います。

知らない言葉を検索するだけの人やドラッグの反転表示で文章を読む人もいますから運営者都合で画面操作を阻害するのは考えものです。

右クリックを多用している人には良い印象を持たれないでしょうし、僕も右クリックができないサイトに遭遇したら別のサイトへ行きます。

尚、今回紹介した回避策は、不便さを改善するためのものであり、権利侵害を助長するものではありません。

また、ウェブ上の文章、画像も著作物なので、当然ながらブログやSNS等へのコピペもやってはいけません。