Amazon Prime Videoを使う理由

以前にNetflixを試した時の記事を書いたのですが、アマゾンのプライムビデオに乗り換えました。

Netflixはおっさんでも楽しめるのか
映画やドラマが見放題になる動画サービスを使う人が増えていますが、若い人向けというイメージがありません...

少し試すつもりで会員になったのですが、結局1年ほど利用しています。

今回は何故プライムビデオを選んだのか、どうして今も使い続けているのかについて書きます。動画サービスを選ぶ際の参考になれば幸いです。

プライムビデオを選んだ理由

Netflixの時は勢いにまかせて登録してしまい、あまり使わないまま月日が経ってしまったので、今回は使える時間を把握した上で選ぶことにしました。

動画の視聴に使える時間

僕は平日に観る時間がほとんどないので、週末(休日)に利用することになります。月に8日程度の利用というわけです。

また、週末も用事やら買い物やらで外出することもあるので、丸々動画鑑賞に使えるわけではありません。

Netflixを使っていた頃を振り返ると、週末に映画を2、3本、月に10本程度観るのが限界でした。

当然ながら配信作品が膨大にあるサービスに登録しても鑑賞できるのは一部に過ぎませんし、宝の持ち腐れになってしまう可能性大です。

実際Netflixを使っていた時は正にその状態でした。

配信作品が多ければ選択肢も多くなりますが、やはり身の丈にあったサービスを選ぶべきだと実感しました。

決め手は安さ

大手の動画サービスの料金とサービス内容を一通り調べ、結果アマゾンのプライムビデオに決めました。一番の理由は安さです。

アマゾンの場合は、動画サービス単体の契約ではなく、プライム会員の特典の中に動画サービスがあるという形です。

また、特典の中には通販の送料無料、音楽の聴き放題、書籍の読み放題なども含まれています。この内容で月額500円ならお得ですよね。

日本での利用者が増えているのもうなづけます。

動画配信ビジネス調査報告書2021 | インプレス総合研究所
日本のSVOD市場、会員数はAmazon Prime Videoがリード : 映画ニュース - 映画.com
日本の有料動画配信市場において、AmazonPrimeVideoが圧倒的な会員数を有していることが、メディア・パートナーズ・アジアの調査によりわかった。米ハリウッド・レポーターが報じた。同社がインテージ社との提携により、独自のリサーチプラッ

動画の数が他サービスより少ないですし、音楽と書籍もオマケ程度なので、誰もが満足するサービスではありませんが、通販と動画鑑賞を併用する人にはよいサービスだと思います。

プライムビデオを使い続けている理由

当初は少し試すつもりでしたが、現在も利用しています。

一番の理由は月額の安さですが、ギフト券が使えることも理由のひとつです。

アマゾンには買い物に使えるギフト券がありますが、プライム会員の支払いにもギフト券が使えます。

また、動画1本あたりの単価という観点で比べると、プライムビデオが一番お得ということになります。

主要VODで月に12本の映画を観た場合の単価

サービス名月額動画単価
Netflix990円83円
Hulu1,026円86円
プライムビデオ500円42円
U-NEXT1,639円137円

もちろん、観たい作品がそれなりにあることを前提とした計算なので、観たい作品があまりないなら参考にならないかもしれません。

あと、プライムビデオでは人気作や最新作が基本レンタル(別料金)なので、そのあたりの視聴を目的とする人には不向きな内容だと思います。

また、アメリカでは料金が値上げされたので、日本でも今後値上げされる可能性はあります。

もっとも、日本の場合は安すぎるくらいの価格設定になっているので、値上げされても驚きはないかなと。

とまぁ、不安要素も多少あるサービスではあるのですが、僕のような新旧問わず、広く浅く動画を鑑賞できればよいという人にとっては一番お得なサービスだと思います。

新着と配信終了のチェック

プライムビデオに限った話ではないのですが、見放題の対象になっている動画には配信期限があります。

この期限を過ぎると見放題の対象から外れて視聴できなくなります。

レンタルで借りられる作品もあるので、どうしても観たいなら別料金で借りる手もありますが、当然ながら期限が来る前に観ておく方がお得です。

配信期限が近い作品は公式ページでチェックできます。

Amazon.co.jp: 30日以内にプライム会員特典ではなくなる作品
30日以内にプライム会員特典ではなくなる作品 ストアの優れたセレクションからオンラインショッピング。

配信が開始された作品もツイッターと公式ページで確認できます。

Amazon Prime Video(プライムビデオ)公式ツイッター

最近追加された作品

公式ブログでは「Amazon Prime Video 202*年**月に楽しめる新着コンテンツ」という記事で配信作品を確認できます。

エンターテインメント
Amazonビデオは、プレミアムなオンデマンド・エンターテイメント・サービスです。お客様が、見たい作品を見たい方法でご覧いただけるよう、レンタルでもご購入でも、多様な選択肢をご提供しています。プライム会員は、Amazon Prime Musicで100万曲以上の対象楽曲から音楽を選び、ダウンロードして、追加料金がかかる...

また、以下のサイトでは配信の開始と終了をチェックできます。

Amazonプライムビデオ 新着・配信予定カレンダー - Animephilia
Amazonプライムビデオの新着ラインナップをカレンダーで表示しています。新しく会員特典(見放題)に追加された映画・ドラマ・TV番組や、今後の配信予定スケジュールを確認できます。

おすすめ作品

ついでにオススメの作品も書こうかと思ったのですがやめました。

理由は二つあって、一つは先ほどの配信期限の問題です。

レンタル前提ならよいかもしれませんが、見放題の場合は配信期限がありますし、この記事で紹介した後に配信終了となることも考えられます。

もう一つは好みの問題です。

僕にとっての良作が他の人にとっては駄作になる可能性があります。好みは人それぞれですからね。

なので、作品選びでは自分の好みや感性に任せることが最善策だと思います。

どうしても迷うという時は、通販と同じように作品ページの★の数で選べばよいと思います。僕も迷った時はそうしています。

ただ、レビューやコメントには勢いだけで書かれたものや偏見も混ざっているので、見ない方がよいかもしれません。

あと、僕の場合は、とりあえず再生ボタンを押し、冒頭部分で最後まで見たいという気分にならない時は再生を止めて他の作品ページへ移動します。

もちろん、後半から面白くなる作品も時々ありますが、イマイチのまま終わる作品も多いので、冒頭の十数分程度で判断するようにしています。時間を有効活用したいですからね。

ウォッチリストを活用

プライムビデオにはウォッチリストという機能があります。

これはブックマークのようなもので、観たい作品を登録しておけば、その作品のページにいつでもアクセスできます。

ウォッチリストの中身をチェックする時は、画面の上にある「マイアイテム」をクリックします。

また、配信期限が近づいている作品の場合は、登録した作品のサムネイル画像にマウスポインターを乗せると、期限の日付が表示されます。

ウォッチリストに登録する時は、動画一覧に表示されるサムネイル画像にマウスポインターを乗せて「+」をクリックします。

ただ、「+」表示が四角いマークになってない時は登録されていないのでマークが変わるまでクリックします。

本来は観る予定の作品やお気に入りの作品を登録するための機能だと思うのですが、僕は仮置きの場として使っています。

動画の一覧ページをざっと見て、ちょっとでも気になったらウォッチリスト(ブックマーク機能)に一旦登録します。

動画の数が他より少ないとはいえ、それなりに動画がありますし、後で探すのは面倒なので、とりあえず登録しておいて、観る観ないは後で考えるようにしています。

CMのスキップ

毎回ではないのですが、プライムビデオでは本編の再生前にCMが流れます。

CMを飛ばす方法がないものかと考えていたのですが、公式のツイッターをチェックしたらオフにできないとのこと。

画面の右下に出るスキップをクリックしたら本編が始まるのですが、「Video Speed Controller」という拡張機能のショートカットキー(X)で飛ばす手もあります。

有料サービスでCMが流れるというのはいかがなものかと思いますが、料金が安いので仕方がないですね。

さいごに

今回はプライムビデオについてあれこれ書いたわけですが、参考になる部分はありました?

細かいことは書かなかったので、検討材料には役不足かもしれませんが、興味はあったら、一度試してみてるとよいかもしれません。

Amazonプライムの無料体験(30日間)

以下の記事ではプライムビデオで動画を観る時にも重宝するChrome用の拡張機能を紹介しているので興味があったらご覧ください。

動画を観る時に便利なChrome用の拡張機能
ネットで動画を観る時に画面を少し明るくしたい、再生する速度を速くしたい、任意の秒数で早送りをしたい、...
動画サイトで再生速度を変更できる拡張機能
家にいる時はネットで動画を視聴することが多いのですが、そのまま再生していると時間がもったいないので、...
ブラウザの音量を制御できるプラグイン
音楽を再生できるプレイヤーを画面上に設置しているウェブページやブログの記事に出くわすことがありますよ...