大判焼きと今川焼き

お祭りに行くと今川焼きを売っている屋台を見かけることがありますよね?

僕も地元の夏祭りで今川焼きの屋台を見つけたのですが、近づいたら「大判焼き」と書いてありました。

今川焼きと大判焼きを同じものとして扱いますし、その店の表示も間違いではないのですが、形が違う大判焼きもあります。

今回は今川焼きと大判焼きについて書きます。

スポンサーリンク

今川焼きの呼び方

今川焼きという呼び方の由来には、江戸中期に今川橋(現在の神田金物通りと中央通りの交差点付近)近くの店で売っていた時の名称という説と、今川氏の家紋からきている説があります。

ただ、西日本だと回転焼きや二重焼き、北海道や東北ではおやきとも呼ばれています。

また、販売店が独自の呼び名をつけることもあり、小判焼きと呼んでいる店も存在します。

由来については江戸時代にタイムスリップしないとはっきりしませんが、今川焼きが全国に広まる過程で形と呼び方が変化したのでしょうね。

楕円形の大判焼き

今から40年くらい前のことですが、自宅の近所に楕円形の大判焼きを売っている店がありました。

こちらの店のものを多少大きくした感じです。
美濃屋菓子店

当時の値段は覚えていないのですが、今川焼きと大差なかったと思います。

ただ、1個で満足するくらい大きくて、あんこも多かったので、材料費を考えたらお得だったのかもしれません。

家庭で作る今川焼き

店や屋台で焼きたてを買うのも良いのですが、自宅で作れば好きな時に食べることができます。

ホットケーキミックスが定番ですが、今はネットがあるので業務用の粉も買えます。

フライパンでも一応焼けますが、家庭用の調理器具を使った方がきれいな形で焼けると思います。

ただ、冷凍食品ならあたためるだけなので、時間がない時や面倒な時は冷食一択です。

粉ものは高カロリー

今川焼きを間食で食べることが多いと思いますが、200kcalくらいあるので、肥満が気になるなら控えた方が良いかもしれません。

ただ、昼食や夕食の摂取カロリーを減らす手もありますし、2時間程度歩けば消費できる量でもあるので、食べ過ぎない程度においしく頂く方が健全だと思います。

あれだめ、これだめがストレスになって過食に走ったら意味ないですからね。

さいごに

大判焼きを今川焼きの別称として扱うことが多いのですが、楕円形の大判焼きという食べ物が身近にあった僕としては、今でも別ものという認識です。

円形のものを大判焼きと呼ぶのもおかしな話ですからね。

ただ、形以外の違いはほとんどないですし、今川焼きから派生した商品だと思うので、今川焼きと呼ぶ方が自然なのかもしれません。