天気の「今」と「今後」をチェック

子供時代の夏休みでは遊びに出かけた帰り道に雨宿りの場所を探すことがよくありました。所謂夕立ってやつですね。

しかし、ここ最近の夏は時間に関係なく大量の雨が降ったり、降ったりやんだりを繰り返したりと、困った状況になります。

ただ、風の動きや雨雲の状況をチェックしておけば、ある程度の対処はできます。

今回は雨対策に役立つサイトを紹介します。

スポンサーリンク

高解像度降水ナウキャスト

気象庁が公開している高解像度降水ナウキャストでは5分単位で雨雲の動きを見ることができます。

気象庁 | ナウキャスト(雨雲の動き・雷・竜巻)
このページでは、1時間先までの降水分布、雷の活動度、竜巻発生の確度の予報をご覧いただけます。

雨雲レーダー(Yahoo!JAPAN)

Yahoo!JAPANが公開している雨雲レーダーでは前後1時間の雨雲の動きを見ることができます。

雨雲レーダー - Yahoo!天気・災害
全国各地の実況雨雲の動きをリアルタイムでチェックできます。地図上で目的エリアまで簡単ズーム!

Yahoo!JAPANのアカウントでログインすると6時間先まで見ることができますが、短時間で動きが変わることも多いので、1時間で十分だと思います。

あと、Yahoo!JAPANでは地図サイトにも雨雲レーダーへのリンクがあり、そこから移動すると天気の方とは違うページが表示されます。

Yahoo!地図 - 周辺検索・雨雲レーダー搭載の多機能マップ
日本最大級のポータルサイト「Yahoo! JAPAN」が提供する地図サービスのスマートフォン版。Yahoo!地図ではマップの他、ルート検索・路線の乗り換え・地域の情報の検索も。雨雲レーダー・津波被害想定情報、放射線情報なども掲載。日本の地図ならYahoo!地図で。

BIOWEATHER SERVICE

環境コンサルタント企業が公開しているバイオウェザーサービスでは雨の状況を地図上で確認できます。

雨レーダー | バイオウェザーサービス
地上で観測された雨量実況値(アメダス)と上記レーダーの積算値を組み合わせて作成された過去24時間の解析雨量分布、および現在時刻~6時間先までの1時間毎の降水予測分布について提供いたします。

見たい地域をクリックして画面下の再生ボタンをクリックすると地図上で動く様子を見ることができます。

Windy.com

チェコの会社が公開しているWindy.comではリアルな感じの動きを見ることができます。

Windy as forecasted
Wind map and weather forecast

サイトの方にアクセスすると、画面の右と下にある操作メニューで画面を切り替えることができます。

操作画面

画面右下でECMWFとGFSを切り替えられます。

ECMWF(European Centre for Medium-Range Weather Forecastsの略称)は、ヨーロッパ中期予報センターの数値予報、GFS(Global Forecast Systemの略称)は、NOAA(アメリカ海洋大気庁)が公開している数値予報です。

ふってきったー

ツイッターの分析を可視化したサイト。

ふってきったー - 「空から降ってきたもの」ツイートのマッピングと分析 | 国立情報学研究所

口コミを集めて可視化しているので、予報というより今を知るためのツールですね。

Multi-Agency TC Forecast

夏は台風シーズンでもあるので、発生すると今後の進路が気になると思いますが、こちらのサイトでは複数の国が出している進路予想をまとめて見ることができます。

Multi-Agency TC Forecast

ページ上部の「TC name」で台風を選択すると、進路予想が地図上に表示されます。

複数の線がバラバラになっている時は、不確定要素が多いということになりますが、進路が定まってくると、一致する線が増えます。

尚、既存のメディアにも情報提供をしているウェザーニューズ社のサイトでも台風に関する情報を得られます。

ただ、フラッシュを使用しているサイトなので、パソコンからのアクセスでは使いづらいと思います。

さいごに

大気の状態が不安定な時は、予報通りにならないことも多いのですが、雨雲の場所と移動先を知ることで、降る時間帯をおおまかに把握できます。

こういったサイトはスマホやタブレットでも閲覧できますし、特に出かける時や帰宅する時に重宝すると思います。