Google サイトでバンドのページを作る

前回の記事でAmeba Owndを使った無料のサイト作りを紹介しましたが、他にも無料でサイトを作成できるサービスがあります。※バンドのホームページを無料のOwndで作る(前回の記事)

今回は「Google サイト」という無料サービスを使ってサイトを作ってみようと思います。

作成するのは前回と同じ「OYAJI BAND」という架空のバンドのサイトです。

Google サイト

Google サイトは、Googleのアカウントでログインしたら使えるサイト作成サービスです。

設定や使い方は公式のヘルプにありますが、各アイコンにマウスポインターをあわせると項目や説明が出るので、大抵のことは使っているうちにわかってくると思います。

Google サイトの使い方 - サイト ヘルプ
ウェブサイトを作成して、他のユーザーと情報を共有できます。 ヒント: 保護者が管理する Google アカウントでは以前のサイトを使用できま

作ったサイトのデータはGoogleのドライブに保存されますが、保存容量にカウントされないため、容量を気にせず作ることができます。

今回サンプルサイトを作った後にドライブの容量も確認しましたが、保存容量が消費されていませんでした。

作成手順

以下のアクセスしてログインします。

Google Sites: Sign-in

ログインが完了すると作成画面が表示されます。

新規作成画面

空白を選んで一から作ってもよいのですが、用意されているテンプレートから選んでカスタマイズする方が楽だと思います。

画面の上にある「テンプレートギャラリー」をクリックすると表示されるテンプレートが増えます。

ただ、用意されているテンプレートの数が多くはないので、作りたいサイトに近いものがないかもしれませんが、無料ですし、妥協も必要です。

テンプレート選び

今回はバンド用のサイトを作るので「チーム」を選びました。

テンプレートを選ぶと、編集画面が出ます。

管理画面

ガイドが表示されるので、わかると思いますが、左側の編集画面にパーツを追加する形で作っていきます。

追加したパーツを選択すると編集できるようになります。削除する時はゴミ箱のアイコンをクリックします。

また、画面の右上にある「挿入」、「ページ」、「テーマ」のタブで機能の切り替えができます。

ある程度の作業がマウス操作で済むようになっているので、画面内で色々といじっているうちにわかってくると思います。

ページを追加する時は、右上のタブで「ページ」をクリックし、下の方にある「+」のアイコンにマウスをあわせて「新しいページ」をクリックします。

ページ関連のメニュー

ページ名を変更する時は、同じく右上のタブで「ページ」を選択し、変更したいページにマウスポインターをあわせて右側の点三つをクリックします。

ページのプロパティ

プロパティをクリックすると、名前の入力欄が出ます。

ここで名前を変更して「完了」をクリックします。

名前の下にある「詳細」をクリックすると、カスタムパスという項目が出ますが、URLに使う文字列を指定できます。

今回はホームページの名前を「HOME」、カスタムパスを「index」に変更しました。

前回同様、中身がほとんどない状態ですが、とりあえず以下のサイトができました。

Google サイトで作った「OYAJI BAND」のサイト

画像は以下のサイトにあったものを使いました。

O-DAN (オーダン)- 無料写真素材・フリーフォト検索
高品質な無料写真素材・フリーフォトを40以上の有名ストックフォトサイトから日本語で横断検索できるサービス「O-DAN(オーダン)」

左上にあるロゴっぽいやつは以下のツールで作ったものです。

ゼブラ - ロゴ加工ドットコム
ゼブラというタイトルのロゴマーク作成アプリです。無料でご利用いただけます。

今回は設定しませんでしたが、独自ドメインとの紐づけもできます。

サイトにカスタム ドメインを使用する - サイト ヘルプ
ヒント: 仕事用や学校用のアカウントでカスタム ドメインを使用する場合は、管理者にお問い合わせください。 新しい Google サイトで公開されたサ

さいごに

編集画面が簡易的なものなので、知識がある人にとっては物足りないサービスかもしれませんが、簡単にサイトを作成できるという意味では便利なサービスだと思います。

また、Googleが提供しているアクセス解析のアナリティクスもIDの入力だけで済みます。

とはいえ、Googleのサービスですから長く使える保証はありません。利用者が少なかったら提供を打ち切る可能性もありますからね。

むろん、長期で使うならレンタルサーバーとWordPressの組み合わせが一番だと思いますが、キャンペーンとか一時的に使うサイトの作成には重宝するかもしれません。