自宅でもできるフィードバック奏法

エレキギターを弾いていると、最後の音を長く伸ばしたくなる時がありますよね?

特にライブだと場の雰囲気もあるので、その状況を維持するために伸ばすこともあるかと思います。

今回は音を長く伸ばすことができるフィードバック奏法について書きます。

ハウリングとフィードバック

ライブ会場や練習スタジオのマイクで拾った声は、増幅されてスピーカーから出るわけですが、そのマイクをスピーカーに近づけると、ピーという耳障りな音が出ることがあります。

あの現象はハウリングと呼ばれるもので、音の出口と入り口が向き合うことで音がグルグルと回っている状態です。

エレキギターもピックアップがマイクなので、アンプのスピーカーから出た音でピックアップの内部(コイル)が振動すると同じ状況になります。

しかし、ギター本体や弦が振動する時は、スピーカーの音でギターを鳴らすような形になるので音が伸びます。

これはフィードバックという状態で、この状態を利用した弾き方をフィードバック奏法と呼ぶこともあります。

以下を観れば、これか!ってなると思います。

ただ、つけているピックアップが内部の振動を防止する仕様になっていない場合は、さきほどのハウリング状態になってしまいます。

もし、持っているギターがハウリングを起こしやすいなら、防止する仕様になっていない可能性があるので、ピックアップを交換してみると良いかもしれません。

コンパクトなフィードバック奏法

フィードバックはアンプとギターを使ったループ現象なので、防音設備でもない限り、自宅でやることはできません。

しかし、フェルナンデス社のサスティナーやコンパクトエフェクター(ELECTRO-HARMONIX Freeze)でも似たようなことができるので、それらを利用する手があります。

ただ、もっと安上がりな方法があります。

それはミニアンプです。

写真だとわかりにくいかもしれませんが、手のひらに乗りそうなサイズのものです。安いものなら千円台、メーカーものでも数千円程度で手に入ります。

このミニアンプをどうするかですが、ギターとミニアンプをシールドでつなぎ、ボリュームをちょっと上げておきます。要はギターの音が出る状態にしておくわけです。

次にミニアンプのスピーカーをギターの弦に近づけて弦を弾きます。

ミニアンプから出た音で弦が振動したらフィードバック状態になります。

フィードバック状態にならない時は、ミニアンプを動かしながら距離、向き、ボリュームを調整します。

ミニアンプを置く適当な台を用意すると良いかもしれません。

使うギターにもよりますが、ミニアンプのボリュームが小さくてもフィードバック状態になることが多いと思います。

さすがに通常サイズのアンプのような音にはなりませんが、それっぽい音にはなりますよ。

ただ、ハウリングを起こすタイプのピックアップがついているギターの場合は、上手くいかないと思います。

まとめ

今回はハウリングとフィードバックの違い、自宅で手軽にできるフィードバック奏法について書きましたが、いかがでしたか。

ミニアンプを使う方法は、僕がかつてMTRで録音する時にやった苦肉の策です。

最近はディジタル機器を使った録音が主流なので、参考にならないかもしれませんが、機会があったら試してみてください。

もちろん、深夜や壁が薄い部屋ではやめた方が良いですよ。

あと、フィードバックはギター本体の響きも重要になるので、響きがよくないもの(特に安いもの)では音が伸びにくいかもしれません。