ギターコード Fの壁

ギター初心者がぶちあたる壁といえば、Fのコードではないでしょうか?

そうです。1フレットの6弦から1弦までを人差し指でおさえるアレです。

今回はFのコードフォームについて書きます。

コードにも存在する格差

ギターでは複数の弦の色々な場所をおさえ、それらを同時に弾くと和音が鳴ります。

ただ、すべての指を使う必要がないコードもありますし、おさえる場所の数にも違いがあります。

ここにも格差のようなものがあるわけですね。

例えば、Cのコードなら、2弦の1フレットを人差し指、4弦の2フレットを中指、5弦の3フレットを薬指でおさえ、小指はお休みです。

Cのコード

図の中では弾く弦に「○」をつけていますが、おさえるフレットがない弦も弾きます。

親指には裏側で支える役目があるので、残りの指でおさえることになるわけですが、おさえる場所が多い時は、いずれかの指で複数の場所をおさえなければなりません。

また、指が届く範囲は限られるので、近くにおさえる場所が複数ある指にしわ寄せがいきます。

その代表格が例のFです。

しかも、Fの場合は、人差し指が1フレットの1、2、6弦を担当するので、負担が大きくなります。

理由はギターの構造を見るとわかります。

ギターの構造

ギターには弦を支える場所が2つあって、弦を弾くと2つの間にある部分が振動します。

支える部分もギターにくっついているので、実際は全体に振動が伝わりますが、2つの支えの間にある弦が揺れます。

そして、1フレットはナットのすぐ横。当然ながら距離が短いので、頑張っておさえないと弦が指板(ネックの表)につきませんよね?

ナットから離れた所をおさえる時は、それほど力がいりませんが、近い所は強くおさえないと弦が浮いてしまいます。

助っ人を呼ぶ

1フレットのところでおさえるFのコードは、1フレットの3箇所、2フレットの1箇所、3フレットの2箇所をおさえます。

Fのコード

この状況では人差し指を寝かせておさえるしかないのですが、指が浮いた状態だと、高い音と低い音がポコポコという感じの音になるので、何度弾いても間抜けに聴こえます。

もちろん、練習で解決できれば良いのですが、どうしても人差し指が浮いてしまう時は、親指を助っ人に呼ぶ手があります。

ネックを支えている親指に6弦の1フレットを担当してもらい、人差し指の担当を1弦と2弦に減らすのです。

握る感じでおさえるF

もちろん、親指は短いので、他の指とは逆方向である上からおさえるようにします。ネックを握る感じでおさえるわけです。

また、エレキギターの場合は、チョーキング(弦を下から押し上げる)という弾き方があるので、その時にも握る形が便利です。

ただ、ネックの幅が広いギターや手が小さい人の場合は、指が届かない可能性もあるので、解決策にならないこともあります。

あとですねぇ、握る形と通常のおさえ方では手の向きが違うので、別のコードへの切り替えに時間がかかることもあります。

指先と付け根

1フレットを人差し指でおさえるとなると、フレット全体をおさえようとしますよね?

しかし、おさえる場所は6弦、1弦、2弦の1フレットです。しかも、弾く瞬間だけおさえれば良いわけです。

また、6弦の部分には指先、1、2弦の部分には指の付け根が当たります。

つまり、コードを弾く瞬間だけ、指先と付け根に力を入れれば、良いことになります。

あと、人差し指をちょっとだけ外側に傾けて、フレットの真横をおさえるようにすると、弦が浮きにくくなります。

初心者の頃はコード本の形と印が完成形だと思いがちですし、僕もそうだったのですが、仕組みを理解するとやるべきことがわかってきます。

もちろん、慣れるまではポコポコ音になると思いますが、やっているうちにコツがつかめると思います。

楽器の状態にも注意

コードをおさえにくい原因がギターにある場合もあります。

新品なら問題ないかもしれませんが、ネックが反っている場合は、弦とフレットの隙間が広くなり、コードをおさえにくくなります。

また、弦の高さ(指板と弦の隙間)を調整していない場合も、おさえにくくなります。

正常な状態で弾けないのなら、練習不足ということになりますが、異常な状態だったら調整が先です。

正常な状態に戻すだけで弾ける場合もありますからね。