ギター弾きにおすすめの映画

ヒットした映画に使われた曲は耳にする機会も多いので、記憶に残りますよね。

また、印象的な曲を使う映画も多いので、曲を聴くたびに映像が思い浮かぶこともあるかと思います。

しかし、ギターやギター弾きにスポットをあてた映画は、あまり話題にならないので、広く知られていない作品もあります。

そこで今回はギターに関連する映画を紹介しようと思います。

スポンサーリンク

クロスロード(原題: Crossroads)

Crossroadsは1986年公開のアメリカ映画です。

Crossroads (1986) Trailer

1930年代にブルースの弾き語りで活動していたロバート・ジョンソンの伝説がモチーフとなっている作品です。

クラッシックギターを学んでいた少年がブルースマンに憧れて旅をする話なのですが、徐々に成長して最後はギター合戦という米国映画らしい展開です。

音楽をライ・クーダーが担当していて、劇中で流れるギター演奏の多くが彼によるものです。

見せ場のギター合戦ではスティーヴ・ヴァイがギタリスト役で出てきます。

また、主演のラルフ・マッチオは、空手を題材とした映画(ベスト・キッド)でダニエル役を演じた人です。

ロードムービーとしても楽しめる作品ですが、ブルースとブルースロックが好きなら、より楽しめる映画だと思います。

クロスロード (字幕版)

スクール・オブ・ロック(原題: School of Rock)

スクール・オブ・ロックは2003年に公開されたアメリカの映画です。

バンドから干されたギタリストが教員のふりをして名門校でロックの授業をするという米国映画的なドタバタ喜劇です。

主演のジャック・ブラックは、Tenacious D(テネイシャスD)というバンドもやっているので、違和感なく観ていられると思います。

Tenacious D's Album 'Post-Apocalypto' coming Nov 2! (Album Trailer)

また、音楽映画ではありませんが、同じ監督の「恋人までの距離(原題: Before Sunrise)」では主演女優のジュリー・デルピーが弾き語りをしています。

スクール・オブ・ロック (字幕版)

スクール・オブ・ロック(吹替版)

ONCE ダブリンの街角で(原題: Once)

Onceは2007年に公開されたアイルランドの映画です。

路上で弾き語りをしている男性と演奏を聴いた女性のラブストーリーですが、二人とも実際のミュージシャンなので、演奏と歌うシーンが多い作品です。

グレン・ハンサード

マルケタ・イルグロヴァ

また、監督も元ベーシストで、主演の男性と同じバンドに在籍していた人なので、ミュージシャンたちが制作した映画でもあります。

低予算(2000万円程度)で制作されたこともあり、派手さのない質素な映像ですが、ドキュメンタリーのような現地の空気感が伝わってくる作品になっています。

Glen Hansard, Marketa Irglova – Falling Slowly (Official Video)

ONCE ダブリンの街角で (字幕版)

さいごに

今回はギターメインの映画を紹介しましたが、他の楽器にスポットをあてた作品も色々とあるので、レンタル屋や見放題のネットサービスで探してみると良いかもしれません。

Amazonプライム無料体験

もちろん、一般の映画と同じで、すべてが面白いわけではありませんが、マイナーな作品の中にも楽しめるものがあると思います。