パスワード管理が楽になるソフトとツール

ネットでユーザー登録をして使うサイトやサービスが増えてくると、ログインに使うパスワードの管理が大変ですよね?

もちろん、使うパスワードが数えるほどなら覚えられる範囲かもしれませんが、数が多くなったり、安全性を考えて複雑な文字列にしたりすると覚えられなくなると思います。

しかし、自分の代わりに記憶してくれるツールがあれば、覚える必要もなくなりますし、複雑なパスワードを使うこともできます。

今回はパスワードの管理が楽になるツールを紹介します。ここで取り上げているものは無料もしくは無料版があるものです。

スポンサーリンク

ID Manager

ID Managerは、パスワードを管理できるソフトで、登録したパスワードのデータはソフトのフォルダに保存されます。

パスワード管理ソフト ID Manager
ID Managerはインターネット上で発行される、たくさんのIDとパスワードを管理するフリーソフトです。パスワード管理用データは暗号化されて保存されるので安心です。

基本的な使い方は公式サイトに書いてあるので、ここでは少し違った使い方を紹介します。

合言葉の登録

この画像はログイン画面で聞かれる合言葉を登録したもので、ブラウザで入力する時は、ID Managerの貼り付けアイコン(黄色いフォルダ)をクリックします。

本来は項目と入力する内容のセットで登録するのですが、右側の内容を貼り付ける目的でも使えます。

画面下のスペースを使ってメモしておく手もありますが、項目部分を利用すると貼り付け作業が楽になります。

また、ポータブルソフトでもあるので、USBメモリにフォルダごと入れて持ち歩くこともできますし、複製しておけばバックアップにもなります。CSV形式でデータを書き出すこともできます。

尚、ソフトを終了する時は、右上の「X」ではなく、「ファイル」の「ID Managerを終了」をクリックします。

LastPass

LastPassは、ブラウザに追加できる拡張機能で、登録したパスワードのデータがクラウド上に保存されます。パスワードを自動生成できる機能もあります。

Firefox用 Chrome用

クラウド上にデータがあるので、この拡張機能を入れた複数のブラウザで同じデータを使えます。

また、自動で入力してくれる機能があるので、ログインする作業が簡単になります。

LastPassのアカウントにログインするマスターパスワードだけは覚えておく必要がありますが、その一つを覚えておけば他を覚えずに済みます。

他にも似たサービスがあり、僕はRoboformDashlianeも一時期使っていました。

Bitwarden

Bitwardenは、LastPassとほぼ同じことができるブラウザ用の拡張機能です。登録したパスワードはクラウド上で管理できます。

Bitwarden Open Source Password Manager
Bitwarden, the open source password manager, makes it easy to generate and store unique passwords for any browser or device. Create your free account on the pla...

パスワードを自動生成できる機能もあり、「ジェネレーター」という部分をクリックすると生成画面に切り替わります。文字数と種類も指定できます。

bitwardenジェネレーター

LastPassで出力(エクスポート)した登録情報をBitwardenに取り込めるので、現在LastPassを使っている場合は、比較してみると良いかもしれません。

個人的にはBitwardenの方が画面表示や使い勝手で優れているように感じました。

また、Bitwardenは利用者が中身をチェックできるオープンソースになっているので、信頼できるサービスになっていると思います。

もちろん、100%安全とは言えませんが、僕はLastPassからBitwardenに乗り換えました。

用途に応じた併用

使いやすいソフトを1つに決めて、そこに集約する手もあるのですが、僕の場合は併用するようにしています。

リスクを分散するためでもあるのですが、重要度と使用頻度に応じた使い分けが主な理由。

漏洩したら困るものはID Manager、それ以外のものはBitwardenに登録しています。

ただ、Basic認証については、Bitwardenで対応できないので、ID Managerに保存しています。

Basic認証は、ページにアクセス制限をかける仕組みで、ログイン用の画面にユーザー名とパスワードを入力しないとページが表示されません。

ブラウザにもパスワードを保存する機能がありますが、ソフトや拡張機能で管理するならブラウザ側の設定をオフにしておくと良いです。

Chromeの場合は「chrome://settings/passwords」、Firefoxの場合は「about:preferences#privacy」の「ログインとパスワード」で設定を変更できます。

さいごに

パスワード管理が面倒という理由で同じパスワードを使いまわす人がいますが、使う場所の数とリスクは比例関係にあります。

また、覚えやすい簡単なパスワードを設定していると、不正にログインされる可能性がありますし、使いまわしている場合は、他の場所にもログインされる可能性があります。

特にGoogleアカウントのような複数のサービスと紐づけされている場合はまずい状況になります。

パスワードを勝手に変更されてしまったら、自分が締め出される形になってしまいますからね。

僕も過去に同じパスワードを使いまわしていた時期があったのですが、このままではまずいと思い、全てのパスワードを違うもの(複雑な文字列)に変更し、それらのパスワードをソフトに登録しました。

また、今回は取り上げなかったのですが、Chromeを使っている場合は、KeePassというソフトとChromeKeePassを併用する手もあります。

それぞれの設定と連携作業が無事済めば、Bitwardenのような使い方ができますし、DropboxやNextcloud等のクラウド内にデータを保管できるメリットもあります。

ただ、設定が多少面倒で、自動入力がうまくいかない時もあるので、手軽さを重視するなら今回紹介した2つの併用が良いと思います。