CMSimple XHを試してみる

前回の記事で紹介したFlatpress以外にもデータベースを使わないCMSがいくつかあるのですが、その中から「CMSimple_XH」を設置して試してみました。

前回同様、設置方法を紹介します。

サンプルはこちら

スポンサーリンク

プログラムの入手

以下のページで本体をダウンロードします。この記事を書いている時の最新版は「1.7.2」です。

CMSimple_XH | Downloads | Releases | Latest Version | Older
Downloads, We check all downloads to the best of our knowledge, but do not assume any warranty. The use of the offerings is at your own risk. Releases ...

次に以下のページで日本語の翻訳ファイルをダウンロードします。

bbfriend/CMSimple_XH_JP_Translations
CMSimple_XH Japanese. Contribute to bbfriend/CMSimple_XH_JP_Translations development by creating an account on GitHub.

そして、2つのzipファイルを解凍します。

解凍した本体のフォルダを開くと、中に「cmsimplexh」というフォルダがあるので、それを開いておきます。

次に翻訳の「CMSimple_XH_JP_Translations-master」を開き、中にある「cmsimple_xh」というフォルダを開きます。

これら2つに共通のフォルダがあるので、翻訳側にある5つのフォルダを本体側のフォルダにコピーして上書きします。

フォルダをコピーして上書き

上書きの手順

  1. 本体側の「cmsimplexh」と翻訳側の「cmsimple_xh」を開く
  2. 翻訳側(cmsimple_xh)の中にある全てのフォルダを選択
  3. 右クリックで本体側(cmsimplexh)の中に移動
  4. 「ここにコピー」を選択
  5. 「ファイルを置き換える」を選択

上書きが完了したら、本体の「cmsimplexh」を設置するサーバーにアップロードします。

アップロードした場所(URL)にアクセスして無事表示されれば設置完了です。

CMSimple XH

管理画面にログイン

サイトの一番下にある「ログイン」をクリックするか、URLの最後に「?Start&login」を追加するとログイン画面が表示されます。

パスワードの入力欄に初期状態のパスワード(test)を入力して「ログイン」をクリックします。

もちろん、このままだと危険なので、パスワードを最初に変更しておきます。

画面最上部のメニューにある「設定」にマウスポインタをのせると「パスワード」が出てくるので、そこをクリックします。

メニューでパスワードを選択

新旧のパスワードを入力する画面に切り替わります。

パスワードの入力

古いパスワードに先ほどの「test」を入力し、新しいパスワードと確認のところに変更後のパスワードを入力します。

この時に入力した新しいパスワードをメモしておきます。

下にある「保存」をクリックすると設定が完了します。

保存が完了するとログアウト状態になるので、先ほどの新しいパスワードを使って再度ログインします。

日本語の画面になっているので、あとは管理画面のメニューから色々な項目やページを変更するなり、編集するなりする感じですかね。

使ってみての感想

当然ながら画面表示が速いです。あと、管理画面の使い勝手も良いです。

最上部のメニューの設定にある「テンプレート編集」と「スタイルシート編集」でカスタマイズできるのは便利だと思います。

少しいじった程度なので、細かい部分を把握していませんが、個人的には、Flatpressより使いやすい感じがしました。