MixhostでNextcloudをインストール

ブログのようなネット上で動かすプログラムにはデータベースを使うものが多いのですが、そのようなプログラムをレンタルサーバーに設置するとなると、手作業でやることが結構あります。

しかし、簡単にインストールできる機能を提供するサーバーを借りれば、楽に設置できます。

僕が使っているレンタルサーバー(MixHost)にもSoftaculous Apps Installerという機能があり、プログラムを簡単にインストールできます。

今回は、MixhostのSoftaculous Apps Installerを使ったプログラムの設置を紹介します。設置するプログラムは、クラウドストレージのNextcloudです。

ここではMixhostとの契約が済んでいることを前提に説明します。

スポンサーリンク

cPanelにアクセス

Mixhost のマイページにログインします。MixHost

有効なサービスにある契約プランの部分をクリック。

表示される概要ページの「アクション」にある「cPanel」のリンクをクリックします。

この図では cPanel のリンクが下にありますが、ブラウザの幅を広くしている場合は、画面の左側にあるメニューに表示されます。

Softaculous Apps Installer

cPanel の画面を下の方にスクロールすると、「ソフトウェア」という項目があります。
この中に「Softaculous Apps Installer」があるので、そこをクリックします。

Softaculous Apps Installerの画面に切り替わると、左側にプログラムの一覧があります。下の方にある「ファイル管理」をクリックして「Nextcloud」をクリックします。

画面右側にプログラムの概要が表示されます。

その画面の下にある「Install Now」をクリックします。

インストール

インストール画面に切り替わると、インストールに必要な情報を入力する項目が出てきますので、上から順に埋めてきます。

プロトコルの選択では、「https://」、ドメインの選択では、設置したいドメインを選択します。

ディレクトリとデータディレクトリは、任意の文字列に変更できるので、わかりやすい名前にしておくと良いです。

その下にある「管理者アカウント」では、設置するNextcloudの管理画面へログインする時に使用するユーザー名とパスワードを決めます。言語は「Japanese」を選択。

言語の下にある「アドバンスオプション」をクリックすると、データベース名の変更とバックアップの設定ができます。

Mixhost側にもバックアップ機能があるので、ここで設定しなくても良いのですが、僕の場合は一応設定しています。

尚、先ほどのプロトコルとドメインを入力する画像の右上にあった「Quick Install」ですが、ここをクリックすると、入力項目が必要最低限に減るので、よくわからない場合は、クリックすると良いかもしれません。

入力が全て終わったら、画面下にある「インストール」をクリックし、完了するまで待つだけですが、数分程度で終わります。

これでインストール作業はおしまいです。簡単ですよね。

Softaculous Apps Installerでインストールできるプログラムにはowncloud(クラウドストレージ)、WordPress(ブログ)、YOURLS(短縮URL)等もあるので、それらも同じ流れで簡単に設置できます。