MixHostでWordPressをインストール

WordPressを使えば簡単にサイトを作ることができますが、自分で設置する場合は、意外と大変です。

ドメイン取得、サーバーとの契約、公式サイトからWordPress(プログラム)をダウンロード、ファイルの修正、データベースの作成、アップロード等、やるべき作業が結構あります。

また、作業が多くなるとミスしやすくなりますし、上手くインストールできないこともあります。

しかし、WordPressを簡単にインストールできるレンタルサーバーを借りれば、簡単に設置することができます。

当ブログはMixHostというレンタルサーバーで運営しているのですが、サーバーに付属するインストール機能を使って設置しました。

今回はそのMixHostでWordPressを設置する手順を紹介します。

ここではサーバーとの契約が済んでいることを前提にしていますが、いきなり契約するのはちょっと……という場合は、とりあえず登録だけして無料の試用期間中にインストール機能を試してみるとよいです。

MixHostの登録手順
ウェブサイトやブログを運営する時に重要となるのがサーバー選びです。 もちろん、料金の安さも大事...
スポンサーリンク

マイページからcPanelにアクセス

利用者向けのページ(マイページ)にアクセスします。

ログインフォームが表示されたら、メールアドレスとパスワードに入力して「ログイン」をクリックします。

マイページのログイン画面

ログインが完了したら画面の中央あたりにある「有効なサービス」の契約プランの部分をクリックします。

有効なサービス

切り替わった画面の左側に「cPanelにログイン」というリンクがあるので、そこをクリックします。

cPanelへのリンク

プログラムのインストール作業は、表示されるcPanelの画面で行います。

WordPressのインストール

cPanelの画面を下へスクロールしていくと、「ソフトウェア」という項目があります。

その項目のところにある「Softaculous Apps Installer」という部分をクリックします。

Softaculousへのリンク

画面が切り替わると、サーバー側でインストールできるプログラムの一覧が表示されます。

一覧画面の真ん中あたりにある大きな「W」のアイコンか、左側のメニュ-にある「ブログ」の「WordPress」をクリックすると、インストールする画面に移動します。

WordPressへのリンク

WordPressの概要が書かれた画面に切り替わったら、下にある「Install Now」をクリックします。

WordPressの概要

インストールに必要な情報を入力する画面が表示されるので、上から順に入力していきます。

ソフトウェアセットアップ

使用するドメインの選択

ソフトウェアセットアップのところでは、インストールするバージョンとURLを指定します。

バージョンのところは初期状態で良いと思いますが、「Choose Installation URL」の方は、ドメインとディレクトリを指定する必要があります。

ディレクトリの「wp」は、インストールする場所を意味するので、初期状態のままインストールすると以下のURLになります。

例)初期状態でインストールした場合のURL
https://指定したドメイン/wp

このブログもそうですが、使うドメインがWordPress専用なら空欄にした方が良いと思います。

例)ディレクトリを空欄にした場合のURL
https://指定したドメイン/

使用するドメインを登録していない時は、先ほどのcPanelの「ドメイン」にある「アドオン ドメイン」で登録を済ませておく必要があります。

サイト設定

サイト設定

サイト設定のところでは、WordPressで表示するサイト名とサイト説明を入力します。インストール後に変更できるので、初期状態のままでも大丈夫です。

マルチサイトを有効にする(WPMU) のところも初期状態のままでOK。

管理者アカウント

管理者アカウント

管理者アカウントのところでは、WordPressの管理画面へログインする時のユーザー名とパスワード、あとメール受信に使用するメールアドレスを入力します。テキストファイルにでもメモして保存しておくと良いです。

初期状態のユーザー名(admin)は、不正ログインの被害にあいやすい文字列なので変更が必須です。

パスワードは、設置した後のWordPress(管理画面)で変更できるので、設置作業が終わるまでの仮パスワードでも良いと思いますが、設置後の変更を忘れると危険なので、推測されにくいものを入力しておく方が安全だと思います。

言語の選択

言語の選択

言語の選択のところでは、使用する言語を選択します。

初期状態で「Japanese」になっていると思うので、そのままで良いと思いますが、もし違う言語になっていたら「Japanese」に変更します。

Select Plugin(s)

Select Plugin

Select Plugin(s)のところでは、一緒にインストールするプラグインを選択できます。

ただ、設置した後に追加できるので、スルーでも問題ありませんが、Classic Editorにはチェックを入れておくと良いかもしれません。

アドバンスドオプション

アドバンスドオプション

アドバンスドオプションのところは、初期状態のままでも良いのですが、自動バックアップを設定したい時は、ここで指定しておきます。

自動バックアップを設定しておくと、設定したタイミングでデータのバックアップを行ってくれます。また復元する時も楽です。

バックアップの設定

テーマの選択

テーマの選択

テーマの選択のところでは、WordPressで使うテーマを選択できます。テーマというのは雛形のことで、このテーマを変えるだけで画面上の配置や装飾が変わります。

初期状態のままでも良いのですが、気になるテーマがあったら、選択しておくと良いかもしれません。

最後まで入力したら、「インストール」をクリックします。

インストール

インストール中

数秒程度待つとインストールが完了します。

インストール完了

表示される管理者URLをクリックすると、WordPressの管理画面が表示されます。

サイトのURLの最後に「wp-admin」を追加したら管理画面にアクセスできますが、ブックマークしておくと便利だと思います。

さいごに

MixhostでWordPressを設置する際の流れについて紹介しましたが、いかがだったでしょうか。データベースも自動で作成されるので、初心者でも簡単に設置できると思います。

また、自動バックアップを設定しておけば、設置したWordPressで何か不具合が発生した時も直前の状態に戻せるので安心です。

データの復元がオプション(別料金)になっているサーバーや高いプランのみの対応になっているサーバーもありますが、Mixhostではプランに関係なく無料で使えます。

尚、2020年2月3日からドメインの販売も開始したので、ドメインとレンタルサーバーをセットで申し込むことが可能になりました。

取り扱っているドメインの種類が多くはありませんが、一般的なドメインの取得には困らないと思います。

また、先日「WordPressクイックスタート」というサービスも追加され、レンタルブログを利用する感覚でWordPressを設置できるようになりました。

もともとMixHostではSSL化やデータベースの作成も簡単だったのですが、クイックスタートでは設置までの流れが簡素化されているので、知識がなくても簡単に設置できると思います。初心者にもおすすめです。