カラフルボックスへの移転

このブログはmixhostで運営していたのですが、先日の記事で書いたカラフルボックスとの契約を機に引っ越しました。

WordPressを使っているので、データベースも一緒に移動しなければなりませんが、拡張機能を使えば比較的簡単に移動できます。

また、カラフルボックスにもmixhostと同じようなWordPressをインストールできる機能があるので、設置自体は楽です。

今回はカラフルボックスへWordPressを移設した時の流れを備忘録的な感じで書きます。

カラフルボックスとの契約

今回引っ越すカラフルボックスにはBOX1からBOX8までの料金プランがあります。

料金の安さで選ぶならBOX1ですが、性能は料金と比例関係にあるので、WordPressで使うならBOX2以上がベターです。

BOX1がダメというわけではないのですが、WordPressのようなブログではサーバーの処理能力も重要になるので、少しでも性能がよいプランを選ぶ必要があります。

HTMLファイルで作る従来型のサイトならサーバーに置いたファイルを読み込むだけだし、BOX1でも十分なんですけどね。

ただ、欲張って高いプランを契約すると年間の維持費も結構な額になってしまうので、今回はのBOX3を12ヶ月で契約しました。

BOX2でもよかったのですが、Nextcloudも設置する予定だったので、容量が多いBOX3を選びました。

これは個人的な感想ですが、WordPressの表示速度に関してはBOX2と3でほとんど差がないので、WordPressだけならBOX2でよいと思います。

以前、当ブログと同じテーマとプラグインを使った別のWordPressをBOX2で運営していたのですが、表示速度は当ブログとほぼ同じでした。

スペックに大きな差がないとはいえ、処理や表示が多少速くなることに期待していたので残念ですが、WordPressを単独で使う時は2の方で十分だと思います。

WordPressのデータをエクスポート

移転先のWordPressを設置した後でもよいのですが、プラグインを使ったエクスポートが初めてだったので、先に移転元(現在使っている方)からデータを抽出することにしました。

All-in-One WP Migration
1クリックでサイトを移動、転送、コピー、移行、バックアップします。すばやくて簡単、高い信頼性。

このプラグインはテーマ、プラグイン、データベース等のデータを一つのファイルにまとめてエクスポートしてくれる優れものです。

プラグインを追加

All-in-One WP Migrationを追加

管理画面のプラグインから新規で追加して有効化します。

All-in-One WP Migrationを有効化

画面左のメニューに追加された「All-in-One WP Migration」をクリックすると、エクスポートの画面が出ます。

データのエクスポート

エクスポート画面

エクスポート先を決める画面が出るので「ファイル」を選択します。

エクスポート先の選択

ダウンロードするファイルの作成が終わると、ダウンロード用のリンクとサイズ(容量)が表示されます。

ファイルをダウンロード

そのリンクをクリックすると保存する場所の選択画面が出ます。

エクスポートしたデータは「WPRESS」という形式のファイルで保存されます。

引っ越し先のインポートで使う大事なファイルなので、見つけやすい場所に保存します。

保存先を指定

あとはダウンロード完了まで待ちます。データの容量が多い場合はダウンロードの時間が長くなります。

移転先にWordPressを設置

ここからは移転先であるカラフルボックスのマイページでの作業になります。

まずはWordPressの設置ですが、インストールする時に使用ドメインを指定しなければならないので、先にドメイン関連の作業を済ませておきます。

画面上部のメニューにある「ドメイン」から「DNSの管理」のページを開きます。

契約したサーバーのところにある「新しいゾーンを追加」をクリックします。

ゾーン名には使用するドメイン(移転元で使っているもの)を入れ、レコードセットでは契約したサーバーの名前を選択してゾーンを追加します。

DNSの管理方法 | ColorfulBox(カラフルボックス) サポートサイト
個人・法人向けクラウド型レンタルサーバー「カラフルボックス」のサポートサイトです。初心者も安心のマニュアルやFAQも充実しています。

尚、サーバーの名前はマイページからcPanelを開き、画面右のサーバー情報をクリックすると表示されます。

次にcPanelにある「アドオンドメイン」をクリックし、移転元のWordPressで使っているドメインを追加します。

独自ドメインの設定方法 | ColorfulBox(カラフルボックス) サポートサイト
個人・法人向けクラウド型レンタルサーバー「カラフルボックス」のサポートサイトです。初心者も安心のマニュアルやFAQも充実しています。

これでドメイン関連の作業が終わったので、移転先のWordPressを設置しますが、cPanelの「Installatron Applications Installer」というインストーラーを使います。

自動インストール機能でWordPressをインストールする方法 | ColorfulBox(カラフルボックス) サポートサイト
個人・法人向けクラウド型レンタルサーバー「カラフルボックス」のサポートサイトです。初心者も安心のマニュアルやFAQも充実しています。

インストーラーの説明は公式サイトに書いてあるので省略しますが、設置する前にcPanelの「MySQLデータベース ウィザード」でデータベースを作成しておきました。

初期画面にはデータベース関連の項目がなく、そのまま設置すると、生成されるデータベースの名前がランダムな文字列になります。

もちろん、そのままでも問題はないのですが、僕は複数のWordPressとNextcloudも設置するので、把握しやすい名前にしておきました。

また、移設用なので、ドメイン、ディレクトリ、ユーザー名、パスワード等は移転元と同じ内容にしました。

インストール画面で各情報を入力してから下へ移動し、「高度な設定管理」で「私は~」をクリックします。

開いた設定画面の「データベース管理」を「私は~」に切り替え、先ほど作ったデータベースを選びます。

ここではテーブル接頭辞も変更できるので、初期値(wp_)を別の文字列へ変更します。

また、データベース関連の下に自動バックアップに関する項目もあるので、バックアップのスケジュールを指定します。

カラフルボックスにはバックアップ機能がありますが、インストーラーで設置したプログラムの復元には適さないようなので、念のため設定しておく方がよいと思います。

WordPressのバックアップ方法と復元方法(簡単自動インストールでインストールした場合) | ColorfulBox(カラフルボックス) サポートサイト
個人・法人向けクラウド型レンタルサーバー「カラフルボックス」のサポートサイトです。初心者も安心のマニュアルやFAQも充実しています。

ただ、ここで表示される設定項目がわかりにくく、カラフルボックスの説明を見てもピンときません。

翻訳の問題もあるとは思いますが、週と月の部分がよくわからなかったので、とりあえず一番下の「毎日」のところに数字を入れました。

1日あたりのバックアップ数と誤解しそうな表示ですが、一つ上の毎日30と同じで、前日から数えた保持日数になっているようです。

7を入れて試したら前日から7日前までの日付のバックアップが1つずつ保存されたので、たぶんそういうことだと思います。

バックアップの項目は設置した後でも変更できるので、頻度はサイトを運営しながら決めるとよいかもしれません。

データのインポート

ここからは設置した移転先のWordPressでの作業になります。

ただ、この時点ではドメインと紐づいていないので、ブラウザで管理画面にアクセスすると、引っ越し前(移転元)の画面が表示されます。

この状態では移転先の管理画面に入れないので、hostsファイルを修正します。

hostsファイルの設定方法 | ColorfulBox(カラフルボックス) サポートサイト
個人・法人向けクラウド型レンタルサーバー「カラフルボックス」のサポートサイトです。初心者も安心のマニュアルやFAQも充実しています。

SSLの処理ができていないので、移転先の管理画面にアクセスするとブラウザ画面にセキュリティ関連の警告が出ますが無視してログインします。

警告が出ない時は、移転元の方にアクセスしている可能性が高いので、ブラウザのキャッシュを削除してからリロードします。

管理画面へログインしたら、移転元と同じプラグイン(All-in-One WP Migration)を追加し、先ほど保存した移転元のデータをインポートします。

インポートが完了すると「パーマリンク構造を保存する。」というリンクが表示されるので、そこをクリックします。

ログアウト状態になり、ログイン画面が出るので、管理用のユーザー名とパスワードで再度ログインします。

ログインするとパーマリンクの設定画面が出るので、画面下の「変更を保存」をクリックします。

インポートが完了した時に「パーマリンク~」ではなく、右下の「完了」のボタンをクリックしてしまった場合もログインしてパーマリンクの設定画面の保存ボタンを押せばOK。

残るはドメインとカラフルボックスの紐づけ作業ですが、僕はVALUE DOMAINでドメインを管理しているので、そちらの管理画面でネームサーバーを変更しました。

あとはドメインとサーバーの紐づけが反映されるまで待つだけですが、多少時間がかかるので、移転作業が終わっても移転元のWordPressをしばらく残しておきます。

尚、ドメインとサーバーの管理を一元化する場合は、移管作業も必要になります。

ドメインの移管方法 | ColorfulBox(カラフルボックス) サポートサイト
個人・法人向けクラウド型レンタルサーバー「カラフルボックス」のサポートサイトです。初心者も安心のマニュアルやFAQも充実しています。

さいごに

今回は仕様が似ているmixhostからカラフルボックスへの引っ越しだったので、すぐ終わると思ったのですが、カラフルボックス側の作業で少々苦戦しました。

mixhostではcPanelのsoftaculousというインストーラーでWordPressをインストールできるのですが、「アドバンスドオプション」という項目でデータベースとバックアップの設定ができます。

softaculousの自動バックアップ

周期と保持する数を設定する画面になっているので、わかりやすいですよね。

MixHostでWordPressをインストール
WordPressを使えば簡単にサイトを作ることができますが、自分で設置する場合は、意外と大変です。...

また、アップデートとバックアップの管理に関してもわかりやすい表示になっています。

頻繁にWordPressを設置することはないでしょうし、大した問題ではないかもしれませんが、プログラムの管理に関しては、mixhostで採用しているsoftaculousの方が使いやすいと思います。

カラフルボックスも今後変化するでしょうし、softaculousを採用する可能性もありますけどね。