メールアドレスの使い分け

ネット上のサービスのユーザー登録でメールアドレスを入力することが多いですよね。もちろん、通知や連絡を受け取る上で必要なことですが、後々困ったことになる場合もあります。

今回はメールアドレスの使い方がテーマです。

迷惑メール

使うメールアドレスが1つだけという人も多いと思いますが、そのメールアドレスを複数のサービスで使っていると、届くメールが増えることもあります。

特に無料サービスの場合は、自社や提携している企業の宣伝メールを送ることもあるのですが、頻繁に宣伝メールを送るケースもあります。

もちろん、無料で使わせてもらっているから仕方がないのですが、中には登録を解除しても宣伝メールを送ってくるところがあります。

こうなると迷惑でしかありません。

また、登録しているサービスのいずれかからメールアドレスが漏洩すると、見覚えのない送信元からメールが届くこともあります。

当然ながら、怪しいメールの場合は、削除してしまえば良いのですが、うっかり開いてしまう可能性もゼロではありません。

この手のメールが少ないうちは、その都度削除することで済む話ですが、毎日たくさん届くようになると、さすがに面倒です。

迷惑メール対策

迷惑メールを完全に防ぐことは難しいと思いますが、減らす手段はあります。

簡単な対策としては、メールソフトのフィルターで排除する方法があります。ただ、フィルターの場合は、ルールにもとづく処理となるため、それに合致しないものはすり抜けてしまいます。

そこでおすすめなのが、専用のメールアドレスです。

登録するサービスごとに専用のメールアドレスを作り、登録したサービスとメールアドレスを紐づけするのです。

この形であれば、登録情報が漏洩したとしても、届く迷惑メールの数を最小限にできますし、漏洩元の推測にも役立ちます。

漏洩元が推測できれば、そのサイトに登録しているメールアドレスを違うものに変更したり、登録を解除したりといった対処ができます。

フリーメールの活用

プロバイダから提供されたメールアドレスを使っている場合は、メールアドレスの追加が有料だったり、数に上限があったりするので、安易に増やすことはできません。

しかし、Yahoo!メールを使うと、最大11個(無料アカウントの場合)のメールアドレスを持つことができます。

Yahoo! JAPAN ID登録 - Yahoo! JAPAN

Yahoo!メールは無料で使えるメールサービス、いわゆるフリーメールですが、セーフティアドレスという機能があります。

この機能を使うと、登録時のメールアドレスとは別に10個までのメールアドレスを追加できます。

セーフティーアドレスの作成・削除(Yahoo!メールヘルプ)

セーフティーアドレスは、アカウントの部分(@の前)が二つの文字列にわかれていて、前の文字列が土台となる「ベースネーム」、後ろの文字列が「キーワード」になっています。

セーフティーアドレスの構成
[ベースネーム]-[キーワード]@yahoo.co.jp

新規で作成する時は、ベースネーム、キーワードの順に決めますが、ベースネームには他の利用者が使っている文字列を使えません。

また、ベースネームは追加するメールアドレスで共通の文字列になるので、そのことも踏まえた上で文字列を決めると良いです。

例)ベースネームが「xxxx」の場合
xxxx-blog@yahoo.co.jp
xxxx-amazon@yahoo.co.jp
xxxx-rakuten@yahoo.co.jp

メールアドレスが11個もあれば、事足りると思いますが、足りない場合は、Yahoo!のアカウントをもう一つ作れば、22個まで増やせます。

同じフリーメールのGmailにもエイリアス(別名という意味)という似たような機能があるのですが、元のメールアドレス+アルファという感じなので、迷惑メール対策としてはイマイチです。

独自ドメインの利用

フリーメールは無料サービスなので、いつまで使えるかわかりません。また、利用者が多いので好きな文字列をメールアドレスで使えないこともあります。

もちろん、特に不満がなければ、そのままで良いと思いますが、これらの問題を解消したい時は、ドメインの取得とレンタルサーバーの利用がおすすめです。

無料というわけにはいきませんが、メールを使う機会が多いようなら、自由度の高い自分専用のメールアドレスを持つと何かと便利だと思います。