NextcloudとPasswordsでパスワード管理

LastPassやBitwardenのようなクラウド型のパスワードマネージャーにIDとパスワードを保存しておけば、どのパソコン、ブラウザでも簡単にログインできて便利ですが、管理している企業にログイン情報を預けている状態ですよね。

もちろん、セキュリティが軽視されることはないでしょうし、情報が漏洩するリスクも高くないと思いますが、Nextcloudを使えば、自分で情報を管理できます。

Nextcloudはオープンソースのクラウドストレージで、自分専用のクラウドを持つことができます。オープンソースなので実質無料です。

このNextcloudにはパスワードを保存できる専用のアプリもあって、これを追加するとパスワードマネージャーとしても使えます。

今回は、NextcloudとPasswordsというアプリを使ったパスワード管理の紹介です。

クラウドストレージを使う
クラウドという言葉がつくものには色々とありますが、われわれ一般ピーポーが「クラウド」と言う時は、Dr...
MixhostでNextcloudをインストール
ブログのようなネット上で動かすプログラムにはデータベースを使うものが多いのですが、そのようなプログラ...
Nextcloudの使い方
オフィスソフトで作成したファイルやPDFファイル等を誰かに渡す時は、メールでの添付が一般的ですが、フ...

Nextcloudのアプリ

NextcloudにもブラウザやWordPressの拡張機能みたいなものがあり、管理画面で追加できるようになっています。

Nextcloudにログインし、右上のアイコンをクリックして「アプリ」をクリックすると、アプリの画面が出ます。

アカウントのアイコン

また、画面左にあるリンクでカテゴリごとの表示に切り替わるので、アプリを探す時は、カテゴリごとにチェックする方が楽だと思います。

ただ、分け方が雑というか、同じカテゴリと思われるものが違うカテゴリに交じっていることもあるので要注意です。

Passwordsの追加とデータの登録

アプリ画面左の「セキュリティ」をクリックするか、画面の一番上にある検索アイコン(虫眼鏡)をクリックして「Passwords」を入力するとPasswordsのサムネイルと概要が出てきます。

その下にある「ダウンロードして有効化にする」をクリックし、少し待つとNextcloudに追加されます。追加が完了すると画面上部に鍵のアイコンが追加されます。

passwordsのアイコン

そのアイコンをクリックすると、パスワードを保管するフォルダが開きます。

当然ながら追加直後は何も登録されていないので「+」アイコンをクリックしてログイン用の情報を追加します。

新しいパスワードを追加

パスワードの登録画面

ただ、PasswordsにはLastPassやBitwarden等でエクスポートしたデータを取り込むインポート機能があるので、それらを使っている場合は、インポートした方が断然楽です。

データをインポートする時は、画面左下の「+More」のクリックで出てくるメニューで「Backup and Restore」をクリックします。

Passwordsのメニュー

2つ目の「Restore or import」をクリックするとインポート画面に切り替わります。

Restore or import

最初に「Choose Format」でフォーマットを選びます。この図ではBitwardenのCSVにしています。

Passwordsのインポート画面

あとは「ファイルを選択」で事前にエクスポートしておいたファイルを選んで「Import」をクリックします。これでインポートが始まります。

インポートするファイルを選択

ブラウザに拡張機能を追加

ブラウザにPasswords用の拡張機能を追加することでNextcloudに保存したログイン情報をブラウザから呼び出せるようになります。

Nextcloud内の左下のメニューで「Apps and Extensions」をクリックするとダウンロードページへのリンクが一覧表示されます。

Passwordsの拡張機能

Chrome用とFirefox用は以下のリンク先で直接ダウンロードできます。

Chrome用

Passwords for Nextcloud Browser Extension
The official browser extension for Passwords for Nextcloud

Firefox用

Passwords for Nextcloud browser add-on – 🦊 Firefox (ja) 向け拡張機能を入手
Firefox 向け Passwords for Nextcloud browser add-on をダウンロード。The official browser extension for the Passwords app for Nextcloud.

拡張機能を追加したらブラウザ上部に表示される鍵のアイコンをクリックしてNextcloudに接続するための設定を行います。

Chrome用の拡張機能

拡張機能の設定画面

入力する項目は、NextcloudのURL、ユーザー名、パスワードです。ユーザー名とパスワードは、Nextcloudの管理画面にログインする時のものです。

これで設定完了です。Passwordsに登録されているURLのページへアクセスすると、アイコン横に登録件数が表示されます。

アイコンをクリックするとアカウントの一覧が表示されます。

アカウントのリスト

一覧の中からログインに使用するアカウントを選ぶと、ログインフォームに入力してくれます。

さいごに

僕はBitwardenを使っているので、BitwardenでエクスポートしたデータをPasswordsにインポートしました。大きな問題もなく、Bitwardenと同じ感覚で使用しています。

ただ、注意点もあって、Nextcloudの管理画面で削除したログイン情報がTrash(ごみ箱)に残っていると、それらも候補に含まれてしまうので、ごみ箱を空にしておく必要があります。

それと保存してある情報の修正ですが拡張機能が対応していないので、Nextcloud側に保存してあるファイルを直接編集する必要があります。

頻繁にパスワードを変更することはないと思いますが、Bitwardenのようにブラウザ上でパスワードを修正できれば変更した時に楽なんですけどね。